社会保険労務士事務所向けホームページ作成・制作

社会保険労務士事務所向けホームページ制作
営業結果に結びつく社会保険労務士事務所サイト制作 三つの条件
優良な社会保険労務士事務所サイト制作 三つの条件についての詳細

社会保険労務士事務所の得意分野をアピールすることが重要です

社会保険労務士事務所向けのホームページ作成をするなら得意分野のアピールは欠かせない項目になります。
社会保険労務士の仕事は、労働関連法令・社会保障法令の書類作成代行や企業へ経営についての指導など特殊な仕事内容になります。
さまざまな書類の申請や手続き、援助金の相談やメナルヘルス対策など社会保険労務士は、得意分野も幅広いのが特徴です。
得意分野のアピールによって、クライアントの目にとまりやすいホームページ制作が可能となります。
ライバルが少ない分野でアピールをすれば、広告にお金をかけずに上位表示も可能です。

社会保険労務士事務所特有のSEO対策を施します

社会保険労務士事務所向けのホームページ制作をする場合、数多くの社会保険労務士事務所との区別をさせなければ上位表示は難しいと言えます。
SEO対策をする場合でも、キーワードが大きすぎても的確なヒットには繋がりませんので、絞ったキーワードでのSEOを考える必要があります。

社会保険労務士事務所サイトのキーワード設定例
▲助成金の場合
「助成金 + 梅田」
「助成金 + 申請」
▲就業規則の場合
「就業規則 + 作成」
「就業規則 + 変更」
▲創業支援の場合
「創業支援 + 梅田」
「創業 + 梅田」
▲給与計算の場合
「給与計算 代行」
「給与計算 アウトソーシング」

どのようなイメージのホームページ制作を希望なのかをリサーチした後、クライアントの求めているキーワードを使って制作していきますので、結果が出るのも早いと言えます。
社会保険労務士事務所目線ではなくクライアント目線で制作していきますので目を引くホームページが仕上がると思います。

クライアント様の求めることを掲載させていただきます

社会保険労務士事務所向けのホームページ制作の場合、クライアントの要望がとても仕事のうえで重要になってきます。
書類制作の代行が多い仕事になりますのでクライアントの求めている内容を詳しく説明する事が重要です。
内容・価格・サービスなどがハッキリと明記されていれば自然に依頼・問い合わせに繋がると思います。
ホームページ制作時には、クライアント様の求めていることを掲載しながらページ作成を行いますので需要と供給面でもマッチしていると思います。
依頼したい内容がたくさん記載されているホームページは、やはり問い合わせや依頼に繋がります。

WEB企画マンナムならではの社会保険労務士事務所向けホームページ作成

WEB企画マンナムは、他社と違う社会保険労務士事務所向けのホームページ作成の実績も高いので自信をもって制作いたします。
ホームページのイメージなど、社会保険労務士の仕事内容やクライアントの要求に合わせて最適なデザインから制作まで全てのノウハウを使って制作いたします。
多くの社会保険労務士事務所のホームページ制作を手掛けて参りましたのでオリジナルのノウハウを存分に取りいれる事ができます。
同業者の制作した他の事務所のホームページを参考にする必要がありませんのでどのようなページでも自信をもって制作いたします。
社会保険労務士の場合、助成金や就業規則といった単発サービスを切り口とし、その後の給与計算、顧問契約につなげていく流れを作るのが最もよい方法です。
そのため、ホームページは「入り口(フロントエンド)」に特化して、その後は営業でつなげていく方が、順調にいくことが多々あります。

良いホームページ制作会社の選び方を紹介します
選び方の詳細内容

サブコンテンツ

このページの先頭へ